ロケーション撮影とは?

屋外で撮る前撮り写真

結婚式の前撮りは屋内のスタジオで撮影する人も多くいますが、屋外に出かけて撮影する人も少なくありません。スタジオで撮影するよりも季節感のある写真が撮れたり、自然光の中でナチュラルな印象の写真を撮ることができたりするのが、人気の理由です。撮影に選ばれることの多いロケーションには、自然の木々や芝生を背景にすることができる庭園や公園が挙げられます。特に庭園は美しく手入れされた植物があるため、和装・洋装ともに人気があります。

遠くに出かけなくても、自然豊かな環境で写真を撮ることができるのが庭園の良いところですが、反対に海や高原などのリゾート地や有名観光地をロケーションに選ぶ人もいます。旅行を楽しみながら結婚式の前撮りをすることができるのがその理由です。

和装・洋装ともに選ばれている

庭園や公園をはじめ、南国のビーチ・森林なども撮影場所として選ばれている結婚式の前撮りのロケーション撮影では、多くの場合、新郎新婦は婚礼衣装を身につけて写真を撮ります。屋外のロケーション撮影であっても和装・洋装のどちら衣装も選ばれていますが、結婚式の当日とは違う衣装を着て前撮りをしたいと考えるカップルは少なくありません。そのため、当日キリスト教式を挙げるカップルには、新郎は紋付袴・新婦は白無垢や色打掛の和装が人気です。一方、当日神前式を挙げるカップルには、ウェディングドレスが人気があります。

ただし海や高原のロケーションでは洋装が、有名な観光地にある歴史ある神社では、やはり和装が良く選ばれています。